ダイエットの前に振り返ってみて!肥満と運動と食事の関係

慢性的な運動不足を少しずつ改善するヒント

肥満は、生活習慣と極めて結びつきが強いものと言われています。肥満は、深刻な状態であれば、勿論医療機関を受診して専門医のアドバイスを受けながら治療を続けることが大切です。しかし、軽度の肥満であれば、大掛かりな対策をしなくても、日常生活を見直して改善を試みることも可能です。
肥満を解消する際に考えてみたいのが、肥満と運動の関係です。決して運動が嫌いなわけではないけれど、仕事に追われる暮らしのなかで、運動をする時間を確保できないという人もいるのではないでしょうか。毎日の生活のなかで歩行距離を伸ばすだけでも、運動量を増やすことができますよ。まずは、上下階の移動の際にエレベーターやエスカレーターの代わりに階段を使うところから、挑戦してみましょう。

食事内容を見直してみよう!

肥満を解消するには、肥満と食事の関係について考えることも重要なポイントです。自分が日々口にしている物のカロリーを正しく把握できているという人は意外と少ないのではないでしょうか。
食事のカロリーは、見た目のボリュームに比例するわけではありません。脂質や糖質の高い食事は、それほどボリューム感がなくても、驚くほど高カロリーなこともあります。一方で、野菜やきのこ類をたっぷり使い、脂質や糖質を抑えた料理は、ボリュームがあり、満足度の高い内容でも、カロリーを低く抑えることができます。
最近では、スマートフォンのアプリでも、食べ物のカロリーを簡単にチェックできるアプリが配信されていますので、上手に活用して、食事の見直しをしましょう。
本格的なダイエットを始める前に、まず現在の自分自身の運動量や食事の摂取カロリーを把握するところから始めてみるといいですよ。

© Copyright Exercise And Diet. All Rights Reserved.